データから見る塾講師のあれこれ|塾講師バイト・塾アルバイトの求人|塾講師ステーション

  • 4,313views
  • 2015年12月01日公開
キーワード

データから見る塾講師あれこれ

塾講師をやっているのはどんな人?どれくらいやっているの?などなど塾講師にまつわるデータを紹介します。

下記は、塾講師ステーションの利用者にアンケートを取った結果、300名以上の方にアンケートにご協力いただいた集計データとなります。

塾講師ってどんな人がしているの?

まずは塾講師の基本的なデータを集めてみました。
大学に入ってから間もない、若い講師が全体的には多いようです。塾講師を始めた時期に関していえば、実に半数の講師が1年の秋までに塾講師を始めているようです。塾の中には、大学1年生歓迎の求人を出したり、長期勤務歓迎の求人を出しているところもあります。ただし一方で、3年・4年になってから始めた方も少なからずおられることは注目されます。
指導形態では、個別指導が圧倒的に多いです。ここ数年、生徒さんにきめ細かい指導ができる個別指導が急速に人気を増しています。教える側としても、生徒一人一人の状況が把握しやすいため、集団指導とはまた違ったやりがいがあるとの声が寄せられています。

未経験者歓迎の求人を探す
 大学1年生歓迎求人を探す

塾講師の専攻学部と指導科目はこちら!

 

次に、講師自身の専攻に関するデータと、講師が塾で教えている科目に関するデータです。
文系の講師よりも理系の講師が少ないですが、実際に講師が指導している科目についていえば、国語や社会といった文系的な科目よりも、数学・算数や理科を教えている講師が多いようです。塾によっては理系限定の求人をかけているところもあります。逆に文系の方限定の求人をかけている塾もあります。
塾によっては1教科指導から応募できるものもありますが、多くの塾講師は一人で複数の科目を教えています。実際、1教科しか指導していない塾講師は全体の1割強にとどまっています。複数教科指導ができる講師を歓迎すると明言して、求人をかけている塾も存在しています。

理系限定の求人を探す
文系限定の求人を探す

塾講師の勤務状況の実態は!?

           

塾講師の勤務状況についてのデータです。1週間当たりの勤務時間が5時間までの講師が全体の半数を占めるなど、バリバリ働く講師よりは自分の時間を大切にしつつ働いている講師が多いような印象を受けます。週5時間なら、サークルなどとの両立も比較的容易なのではないでしょうか?塾講師ステーションでも、個々人の勤務スタイルごとの検索を充実させています。たとえば休日勤務のみの求人や、18時以降のみ勤務でもOKの求人があります。

週1日からOKの求人を探す
短期OKの求人を探す
平日のみOKの求人を探す
週末のみOKの求人を探す
早い時間(16時)からOKの求人を探す
18時以降勤務可の求人を探す
曜日固定ナシの求人を探す
他塾掛け持ちOKの求人を探す
他バイトOKの求人を探す

塾講師の応募動機・やりがいはこちら!

【応募動機】「その他」を選んだ人たちの声
◎昔憧れの塾講師がいて、その人のようになりたいと思ったから。
◎人前で話すのが苦手で克服しようと思った。
◎塾で生徒たちと向き合って同じ目標を共有できるのは、素晴らしい経験になると考えました。
◎次世代を担う子どもを教育するという尊い使命に貢献したかった。
◎コミュニケーション能力等のスキルアップをしたいと思った。 

【やりがいを感じる時】「その他」を選んだ人たちの声
◎来た時に分からなかった問題も、帰る前には解けるようになっている時。
◎生徒のやる気が上がったのが目に見えた時。
◎進路に対して前向きになってくれた時。
◎生徒に自分の教えている勉強の楽しさが理解された時。 
◎生徒さんが「わかった!」と嬉しそうな顔をした時。
◎生徒が真剣に聞いてくれている時。 
◎生徒が心を開いてくれた時。
◎学期が変わる際、生徒にこの先生が良いと指名されたとき。 

新規会員登録

コメント

Banners_image Banners_image
塾講師ステーション情報局について
塾講師の求人を探す
Banners_image Banners_image

画面上部に戻る