2直線の平行と垂直、直線に対して対称な点

  • 3,757views
  • 2014年08月11日公開
キーワード
高校数学
2B
直線
関数

平行

傾きが等しいとき、2直線は平行である。

これは傾きの定義から自明です。

垂直

2直線が垂直のとき、それぞれの傾きの積は-1である。


 

 

 

 

 

 

 

直線に関して対称な点

2点A,Bが直線lに関して対称というのは

直線ABはlに垂直であり、線分ABの中点はl上にある

という状況です。要するに、直線lは線分ABの垂直二等分線であるということです。

直行する2直線の傾きの積が-1 , ABの中点が対称軸上にあることで連立方程式を立てました。

記事執筆者:奔放な理系人間

横浜国立大学3年 数学科所属 大学では山岳部・卓球部に所属。
典型的なアウトドア人間。塾講師歴は3年目に入り、現在は大学受験数学を主に担当。

こんにちは。バリバリの理系人間で数学大好き人間です。役に立つ情報、面白い情報をどんどん発信していけたらと思います。よろしくお願いします!

新規会員登録

コメント

塾講師ステーション情報局について
塾講師の求人を探す

画面上部に戻る