教室長インタビュー 城南コベッツ

生徒とじっくり向き合い、1つひとつの課題を解決することが大事

佐藤様城南コベッツ 経堂教室 佐藤教室長

大手企業(別業界)での経験の後、個別指導塾の教室長・大手学習塾の個別指導講師研修制度立ち上げ等を経験。現在は城南コベッツ2校を運営する佐藤さん。「地道にこつこつと、生徒さんを見守り続けることが大切」と語ります。佐藤さんに、塾講師のやりがいや、一緒に働きたい人などをインタビューしました。

塾講師のやりがいとは?

生徒1人ひとりの人生をより良く変えることができることです。

指導により生徒の成績が上がり、よりレベルの高い志望校を目指すようになる。

この成功体験を1つずつ重ねることで生徒の夢・希望・向上心が高まる。そしてまた成績が上がる。

この循環を作り出せることがやりがいです。

 

面接時に見ているポイントは?

 

真面目さ』を見ています。
個別指導講師という業務は、「じっくり」と生徒と向き合い、「1つひとつ」課題を解決し続けることが大切です。

生徒の課題点を毎回の授業でチェックするなど、地道な作業をすることで生徒の成績アップという成功につなげられるのです。

 

こういう生徒を育てたい!

やる気・向上心の高い生徒です。

たとえば集団指導の塾に付いていけなかった生徒の方でも、

コミュニケーションを重ね、時には真剣に怒る・厳しく接することもいとわず、向き合い続けることで、

少しずつ生徒の姿勢を変え、やる気・向上心を持てるようにしていきたいと考えております。

 

こんな職場環境を作るように心がけています

皆がプロ意識を持つ塾でありたいと考えています。

結果、講師としての経験を社会人キャリアに活かしてもらいたいのです。

指導法や指導知識の講師間での共有にも重点を置いており、講師同士で互いにスキルを高めあうようにしています。


充実した研修制度も当教室の特長です。

どの講師からも「研修をしっかりしてもらえるので、とても働きやすい」と好評を得ています。

 

こんな人と働きたい!!

地道にこつこつと、生徒を見守り続けられる方がいいですね。

目の前にいる生徒の成績UPに向けてひたむきになれることこそが生徒に夢を持たせ、人生を変えることにつながります。

受験知識やわかりやすく説明する力も大切ですが、真面目さ・一生懸命さを1番大切にしています。

 

 

編集後記

1人ひとりの生徒さんと真面目に向き合い、1つひとつの課題をクリアすること。

その積み重ねこそが成功体験につながる。佐藤さんの個別指導に対する考え方がとても強く感じられました。

研修を充実させる、講師間でのナレッジ共有を活発にさせるなど講師1人ひとりが指導しやすい職場にすることも考えられており、教室にかかわる人すべてが成長する場所だということが取材を通して伝わってきました。

(塾講師ステーション 取材班)

 

新規会員登録
塾講師ステーション情報局について
塾講師の求人を探す

画面上部に戻る