塾講師を目指す前に〜すぐ辞めてしまう講師の退職理由

  • 5,850views
  • 2015年03月11日公開
キーワード
塾バイトの口コミ・感想・評判>>
塾業界に限らずですが、すぐに辞めてしまう講師は割と多いものです。担当クラスを途中で放り出してしまうのですから、他業種と比べてお互いに後味が悪いですし、また引き継ぎやフォローも大変です。そこで今回は、塾業界を目指している方にもう一度よく吟味して頂けるよう、よくある講師が辞めてしまう理由をまとめてみたいと思います。
 

本当の時給を把握しているか?

学生さんが塾業界でのバイトを選ぶきっかけとして最も多いのが、「時給の高さ」です。しかし、他人にものを教えるというのは、自分が理解するよりも大変な作業です。1時間の授業をするのに教材研究を数時間する講師もざらです。例えば時給が2000円だとして教材研究に2時間使えば、実質1時間670円です。そのほかにも会議やら掃除やら個人面談やら、授業以外にも何かと時間を使うのが塾業界です。それでもやる意義がある、と明確なモチベーションがなければ長続きしません。
 

生徒を第一に考えられるか?

塾業界はサービス業です。そもそも教育と資本主義の相性は良くないですが、ビジネスである以上、お客さんの要望に合わせる必要があります。中学受験や高校受験では、まだ勉強に対する意識の低い生徒もいます。塾や学年によっては、授業中の私語どころか、席に座っていられない生徒がいることもあります。それも含めて面倒を見る覚悟が必要です。決して「教科内容を教える」ことだけが仕事ではありません。生徒から酷評を受けたり、反抗されたりといった理由で辞めてしまう講師もたくさんいます。
 

その塾の文化に合わせられるか?

塾によって、その理念や実践は千差万別です。カリキュラムやテキストはもちろん、板書の方法、生徒の呼び方、日誌の書き方、様々な決まりがあります。黒板の消し方まで決まっている塾もあります。枝葉末節な方法についてはその都度合わせれば良いだけですが、教育に対する根本の理念や理想がズレていると長続きしません。例えば、「生徒に個人情報を教えてはいけない」「カンニングを見つけても注意してはいけない」「何があっても生徒を怒ってはいけない」「ノートを添削してはいけない」「電話に出てはいけない」「質問にその場で答えてはいけない」など、実際に様々な文化が存在します。担当クラスを持つ前に、その塾その教室の文化を把握することが必要です。

というわけで、今回は塾講師が辞めてしまう理由について書いてみました。もちろん勉強になることや人生に於いてプラスになる経験を存分に出来るのも塾講師の魅力です。是非、前もって吟味してポジティヴな状態で授業に臨んで戴ければと思います。
 
 
 
 
  塾講師ステーションTOPへ戻る

編集部おすすめ記事

塾講師を辞めたいとき、考えるべきこととは?

塾講師を辞めたいときに考えるべきこと

 

幼児〜小学校低学年の子供指導のおすすめアルバイト10選!ここでしか見れない珍しい求人も!

子供と関わる教育系アルバイトのおすすめ10選!

 

塾講師バイトの時給が気になる!!~平均月収はいくら!?~

塾講師ステーションならではの高時給求人も!!

塾講師バイトの時給が気になる!!~平均月収はいくら!?~

 

バイトをする塾の選び方と面接対策!【新大学生向け】

バイトを選ぶ基準はこんなにたくさんあった!?!?後悔しないバイト選びに!!

バイトをする塾の選び方と面接対策!【新大学生向け】

 

【塾講師バイト必見!】生徒への接し方はこれだ!

生徒のタイプ別の接し方や授業の進め方まで!これを読めば悩みが解決するかも!

【塾講師バイト必見!】生徒への接し方はこれだ!

 

  塾講師ステーションTOPへ戻る

 

 
新規会員登録

コメント

Banners_image Banners_image
塾講師ステーション情報局について
塾講師の求人を探す
Banners_image Banners_image

画面上部に戻る