塾講師と比較して考える、家庭教師のすゝめ

  • 2,050views
  • 2015年10月22日公開
キーワード
塾講師
家庭教師
バイト
比較
メリット
デメリット
上田
一輝

 家庭教師と塾講師を徹底比較!あなたに向いているのは?

講師の皆様、こんにちは!

人材教育コンサルタントの上田一輝です。

 

“人に教える仕事=講師業”をやってみたい!と思ったとき、

多くの人が迷うのは、

「塾講師と家庭教師、どちらで働くほうがいいんだろう?」ということです。

 

なんとなく、

“かてきょの方が時給がいいらしい”

とか

“塾の方が責任は軽いんじゃないかな”

と思っている方もいるかもしれませんが、そのような選び方だと後悔してしまう可能性があります。


私は塾講師も家庭教師も両方、経験がありますが、“こんなにも業務内容が違うのか!”と驚いたものです。

 

そこで今回は、

“家庭教師と塾講師”の違いを比較しながら、家庭教師のメリットを考えていきましょう!

 

 

 

最初に軽くおさらい! 塾講師と家庭教師の大きな違いとは?

塾講師ステーション情報局でも、

「塾講師(集団指導・個別指導)と家庭教師の違い」については、すでにいくつか記事があります。

ぜひ全て読んでいただきたい!…のですが、全て読むのは大変ですよね。

 

そこで、

最初に他記事の重要ポイントを引用しながら、指導スタイルの違いについて、考えていきたいと思います。

 

集団指導

集団指導はただ教えるという能力だけではなく、
•生徒の表情などを見て、どれくらいの子が分かっているのか、分かっていないのかを見極める
•生徒同士の関係を把握する
•みんなとできるだけ均等に話す
などの、教師になった時に直結するような重要な能力が必要です!
集団指導→全体の前で話すプレゼンの難しさ、いかに授業を組み立てるか

集団指導は、最も授業力が要求される指導形態です

学生アルバイトもいますが、基本的にはプロ講師・正社員講師が主軸となっているケースがほとんど。
(私自身、早く集団指導ができるようになりたい!と憧れたものです)

特に、数十人規模になると、成績や考え方、意欲の異なる生徒たちを、たった1回の授業で伸ばしていく必要がありますから、多くの経験が必要になっていきます。

ですから、個別指導・家庭教師で教える経験を積んでから、ぜひチャレンジしていただくのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

集団指導が向いている人

プレゼンテーション力が高く、人前で話すのが好き

すでに教える経験を積んでいる

高い時給で、安定して働きたい!

 

個別指導

私も個人指導から始めましたが、トラブルが発生することもそれほどないので、初めての方にとってはやりやすいと思われます。
個別指導→生徒ごとに授業をマネジメントする難しさ、生徒との接し方
塾講師なら、多くの塾が事前研修を設けているので、いきなり授業をすることはまずありません。研修の後も、初回の授業は先輩講師がサポートしてくれたりと、恐れることなく安心して講師人生をスタートさせることが出来ます。

今や塾のスタンダードとなりつつある、個別指導塾。

大学生バイトにとって、最も身近な勤務先かもしれませんね。

 

なぜなら、・教室数が多いため、家から近いケースが多い
・用事があれば授業日を移動させやすい
・大手が運営していると、マニュアルなどが充実している
・自分の専門科目を中心に教えれば良い

など、働きやすい環境が整っているからです

ですが、時給が低めに設定されている、また教室都合などで、生徒が変わってしまうこともある点がデメリットです。

 

 

個別指導講師が向いている人

ある程度柔軟に予定を組みたい

塾講師初心者であり、全く授業を行ったことがないので、教えてくれる人がほしい

自分の専門科目に指導を特化したい

 

 

 

 家庭教師

教科書や問題集があらかじめ決められていないため、学校での授業内容やテスト結果などを踏まえて、生徒さんに合った教材を探さなければいけない場合があります。そうなると書店などでのリサーチも必要となることがあります。
生徒が授業を受けに塾へ行くのと、講師が授業をしにその家庭までお邪魔するのでは生徒の勉強のモチベーションが全く違ってくるのではないでしょうか。一概には言えませんが、同じマンツーマンの指導でも塾に来る子の方が勉強への意欲が高いという先生方の意見をお聞きします。
自分のやりたいように指導したいと考える人には最適です。自分の教え方で相手が納得するまで指導出来るので、本当に「生徒の役に立っている」という実感を持てる仕事です。

 

これだけ読んでいると「初めてなら塾が安心かな」と感じ、家庭教師を敬遠してしまうかもしれませんね。

確かに、家庭教師は授業時間外で仕事に向き合う時間が長く、複数の教科を教えなければならないなど、やや大変なときはあります。

 

しかし、家庭教師ならではのメリットとして
・生徒一人ひとりと密に接する時間がたくさんある
・自分の方針で指導することができる
・時給が(個別指導塾と比較して)高い

があります。


特に、一人ひとりと強い絆で結ぶつく体験は、家庭教師ならでは醍醐味です!

 

 

家庭教師が向いている人

生徒と広く浅く関わるよりも、深く狭く関わりたい!

人で多くの教科を教えられる

短時間で効率よく稼ぎたい!

 

家庭教師になりたい!と思った方はこちら!

東大家庭教師トモノカイ教師登録はこちら!


いかがでしょうか。

それぞれに一長一短があることが、ご理解いただけたと思います。

以下の記事を参考にしながら、より自分にあった指導スタイルを選んでみていただければ幸いです! 

(参考)
【新大学生向け】個別指導塾アルバイト徹底比較!
【学生講師向け】あなたはどっち派?「塾講師」or「家庭教師」
【新大学生必見】塾講師徹底比較 個人指導・集団指導・家庭教師

 

とはいえ、塾講師と比べると、家庭教師の実体験はあまり情報として出ておりません。

そこで後半は、家庭教師について詳しく情報をお伝えしてまいります

ぜひ参考にしてみてくださいね! 

 

 

家庭教師になるには

家庭教師になるためには、何よりも生徒を探すことが必要になります。

近年は個人ブログ等で営業活動を行っている方もいますが、最初から集客するのは大変なもの
また、万が一保護者の方と意見が食い違った時、自分ひとりで対応するのは難しいですよね。

 

そこで、ぜひ家庭教師会社を活用しましょう。

色々な会社がありますが、おすすめはt-news(トモノカイ)

毎日、定期的に家庭教師案件を配信してくれます。

家庭教師会社を使うことのメリットは、単に案件紹介だけではありません

新人講師向けの「指導マニュアル」や、万が一生徒や保護者とのトラブルが発生した際に、仲裁に入ってくれるなど、初めての家庭教師にうってつけな仕組みとなっています。

 

また、保護者から見ても、家庭教師会社は安心して任せることができるため、多くの生徒が在籍しています。

これは、みなさまの近くに、指導を待っている生徒がいる確率が高い、ということ。

あとは”指導するための基礎知識”と”熱意“があれば、大丈夫です!

 

 

いかがでしょうか。

家庭教師になるのは、意外と簡単であることをまず理解しましょう。

続いて、家庭教師でよく聞かれる不安要素を取り上げ、解説していきます。

 

 

家庭教師、気になるQ&A

教える場所

基本的には自宅に直接伺い、生徒の部屋かリビング等で教えることになります。

教室と違い、必ずしも勉強にふさわしい環境とは言えないこともありますので、あらかじめ使うプリントを印刷したり、タイマーなどを持参するようにしましょう

 

また、持ち運び式ホワイトボードを持っていると、何かと重宝します。
1つ購入を検討してみても良いでしょう。
(参考)http://obun.jp/original/nuboard/ 

 

時給などの金銭トラブル

家庭教師会社を通している場合、基本的にこのようなトラブルはないと思って構いません。

なぜなら、

講師=指導をする、会社=案件紹介・事務を行う
と、役割を分けることで、働きやすくしているところがほとんどだからです。

もし直接、保護者から何か言われた際は、まず家庭教師会社に相談するようにしましょう!

 

 

保護者との関係

保護者の方々には様々なタイプがいらっしゃいますが、家庭教師を依頼する家庭に共通しているのは「焦っている」ということです。

教育費は決して安い金額ではありません。
そして、その中でも最も高額な部類に入るのが、家庭教師です。

そのため“スグに成果を出してほしい”と求められることがあります

 

ですが、残念ながら数回の授業で結果を出すことは、プロ講師でも容易ではありません。
(更に前述のとおり、生徒の意欲はあまり高くないケースが多いです)

ここで揉めてしまい、生徒と深い関係が築けないのは、とても残念なことです。

 

 

その対策として私が実際に使う”おすすめテクニック”があります。

それは、「同じテストを毎回の授業冒頭に、解かせる」こと。

どんな生徒でも、同じプリントを繰り返し学習することで、点数は取れるようになっていきます。

このことが生徒の自信にも繋がるばかりでなく、保護者の方に安心感を提供することができます。

ぜひ活用して、信頼を勝ち取ってくださいね!

 

カリキュラムの作り方

家庭教師会社を通している場合、教材が指定されているケースもあります。

その場合は、特に難しく考える必要はありません。

予習をしっかりこなし、どの問題でも解説できるようにしておけば十分です。


大変だと感じるのは、自ら使用教材・カリキュラムを考えなければならないとき。

特に受験生だと、その責任は重大ですよね。

最初に行っていただきたいのは「志望校が求める学力レベル」をしっかり把握すること
(まだ受験学年でない場合は、学校の定期考査で求められるレベルを把握しましょう)

ゴール地点が明確で無いと、いくら良い参考書でも使いこなすのは難しいものです。

 

次に、今の生徒の学力にあった教材を選定しましょう。

一度大型書店に行けば、担当生徒がやりやすい教材・やりにくい教材はわかるはずです。


(例:Aさんは私立に通っており、毎日1時間以上通学に時間をかけている。だから、ポケットタイプの持ち運びしやすい教材が良いだろう。B君は授業をあまり聞かないが、問題を解くのは好きなようだ。なら、毎日日めくりで学習できるドリル型教材を用意しよう)

 

生徒の学習スタイルと学力に合わせた教材を選んであげたら、最後に保護者・生徒両方に使い方を説明します。
先生が一生懸命考えて、本人に合う教材を選んだ、ということが伝われば、意外と積極的に学習をしてくれるものです。

 

なお、色々な比較サイトもありますが、残念ながら情報が古かったり、筆者の独断と偏見で選んでいるものもの多く見受けられます。

百聞は一見にしかず。

手間かもしれませんが、必ず実物を見て判断するようにしましょう。


(参考)学習計画の作り方
http://www.juku.st/info/entry/1392
※夏期講習向け記事ですが、学習計画の設計法は流用できます。
 カリキュラムの作り方で悩んでいるなら、一度は読んでみましょう!

まとめ 教える仕事をしたいなら、一度はやってほしい「家庭教師」

最後に、私自身の体験談をお伝えしたいと思います。

私は学生時代、個別指導・家庭教師を経て、集団指導講師を経験しました。

その中で最も印象深いのは、家庭教師だったなぁ…と今にして思います。
(家庭教師で受け持った生徒と、初めて教えた生徒の顔は、今でも鮮明に覚えています)

生徒の人生に深く、大きく関わることができるのは“家庭教師”というスタイルの特徴です。

そしてそれは、自分の講師生活の中で、大きな影響を与えました。

 

今でも、家庭教師で感じたこと、考えたことは集団指導でも生きる場面がたくさんあります。

また、生徒と近い=保護者に近い、とも言えます。

私は家庭教師を経験することで、保護者の気持ちに寄り添えるようになりました。

 

ぜひ、この記事をお読みの方には、多少の大変さが伴うことを知りつつも、家庭教師の世界に飛び込んでみることをオススメしたいと思います。

 

 

新規会員登録

コメント

Banners_image Banners_image
塾講師ステーション情報局について
塾講師の求人を探す
Banners_image Banners_image

画面上部に戻る